new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/13

肝腎

1,650 JPY

About shipping cost

大阪のFOLK old book store店主・吉村祥さんが、2019年夏から2021年春にかけて、その時々で声をかけたいと思った100人に聞いた「自身の血肉になっている“肝腎”な本」をまとめて出来上がった一冊です。 支えになっている本や心を動かした本、創作の一助になっている本、ただひたすら忘れられない本、自分に戻っていける本など、広く自由に一人2冊、計200冊の紹介文が掲載されています。 アーティストやイラストレーター、書店主など、様々な職業の方々それぞれの個性溢れる選書と紹介文が魅力です。 2冊の本を通して、各人の創作や仕事の源泉となるものに、少しタッチできるような一冊です。 ▷紹介動画(2021.12.7 朝のコーヒー 今日の本)