コーヒーと短編|庄野雄治 編
other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

コーヒーと短編|庄野雄治 編

Last 3

1,430 JPY

About shipping cost

珠玉の18編を収録した、コーヒーによくあう“すこぶる”面白い小説集。 『コーヒーと小説』『コーヒーと随筆』の姉妹書、本シリーズの第3弾完結編です。 近代文学に造詣が深く、『コーヒーの絵本』の著者で徳島の焙煎所アアルトコーヒー・庄野雄治さんが、コーヒーを飲みながら読んで欲しい短編を厳選しました。 安藤裕子さん書き下ろしの短編小説「謀られた猿」を収録。 その他、古典落語「死神」の原案になったグリム童話、小学校を舞台にしながら現代社会を描いたような谷崎潤一郎の隠れ名作、多くの著名人も愛読書としてあげる小川未明の童話から随一の傑作と呼ばれる作品などが収録されています。 自分が「いい」と思うものを手渡し続けてきた庄野さんによる、本とコーヒーを自由に楽しむための一冊です。 発行日|2021.10.1 本の長さ|317P