文鳥・夢十夜・永日小品(文庫)|夏目漱石
other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

文鳥・夢十夜・永日小品(文庫)|夏目漱石

Last 3

482 JPY

About shipping cost

「こんな夢を見た。」で始まる、夢の中の不思議な出来事を幻想的に描く「夢十夜」。 教子の小説家・鈴木三重吉に鳥を飼うことを勧められ、文鳥を迎えて過ごす日々と心情の移ろいを細やかに描いた「文鳥」。 留学中のロンドンから、正岡子規に宛てて書かれたという「倫敦消息」ほか「京に着ける夕」「永日小品」「自転車日記」を収録しています。 夢と現実の境界がどこまでも曖昧になった作品世界。 エゴイズムとの葛藤や、人間存在の不安など、言葉にならない事柄が言葉となってあらわれた、日本語の圧倒的な奥行きや美しさを感じる作品群です。 カバーには手拭いブランド「かまわぬ」の図案が採用されています。 著|夏目漱石 発行|KADOKAWA ▷紹介動画(2021.8.24 朝のコーヒー 今日の本)