つかの間の道|宮﨑玲奈
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

つかの間の道|宮﨑玲奈

2,200 JPY

About shipping cost

"この本のページと、手にとった人との日常が繋がっていくような溶けていくような瞬間があれば、それは上演の状態で、あなたは演劇をしています。" 日常の言葉から作られた戯曲集。 始まりも終わりもない、とも言えるかもしれない、会話を繰り返し進む日常を、どの場面からも切り取ることができる、ぺりぺりと剥がれやすい製本で仕立てています。 作者|宮﨑玲奈  編集|稲垣佳乃子 / 熊谷麻那 装丁|古本実加  発行|さりげなく