花と本のギフトボックス|くらやみに、馬といる
other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

2021/05/02 23:59 end

花と本のギフトボックス|くらやみに、馬といる

3,490 JPY

About shipping cost

End of sale

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// ◎ 5/4頃発送予定◎ この商品は、5/4頃に発送予定です。 同時にご注文いただきました商品もまとめてお届けいたします。 何卒ご了承くださいませ。 [着日指定をご希望の場合] 5/8以降のお日にちで受け付けております。 注文ページの備考欄に、ご希望の日時をお書き添えください。 /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 福岡県那珂川市にある花と珈琲ホキさんでの出張本屋に合わせ、花と本のギフトボックスをご用意しました。 ナツメ書店がホキさんをイメージして選んだ本に合わせて、ホキさんが「ひょろり」をつくってくださいました。 手描き染め作家・摘草さんが描いてくださったオリジナルラッピングペーパーでお包みいたします。 春の贈り物にぜひどうぞ。 *リボンのお色は変更になる場合がございます。 [ひょろりについて] 窓辺に下げたり、テーブルに這わせたり自由に飾っていただけるホキ定番の作品。 サイズ|約50cm ▷ 本のこと(ナツメ書店) 与那国島で馬と暮らす河田桟さんによるエッセイ。 夜明け前の暗闇の時間を馬のカディと過ごす、日々の暮らしの中でひときわ大切にしている日課の中で、一滴一滴したたり落ちてきた言葉の断片を集めた一冊。 と同時に、言葉にすることで抜け落ちてしまうような事柄について書かれています。 光と蔭。人工と自然。植物の「言葉」に耳を傾けながら、そのあわいを縫うようにつくられるホキさんの作品との親和性を感じました。 著|河田桟 発行|カディブックス ▷ ひょろりのこと(ホキ) とても静かなくらやみは 私と馬のカディの境界が溶け合うように優しく包み込む くらやみは求めればいつでもここにある 馬のたてがみを撫でる感覚  森に息づく植物達の黒い輪郭が見える時間 夜明け前の優しい森のくらやみ ひょろりという一つの小さな作品の中に一冊の本の世界を