どこにでもあるケーキ|三角みづ紀
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

どこにでもあるケーキ|三角みづ紀

1,870 JPY

About shipping cost

  • サイン入り

  • サインなし

詩集『よいひかり』に続く、三角みづ紀さんの第8詩集は、詩人の記憶を重ねた13歳を描く33篇の書き下ろしです。 誰もが感じてきた変わっていく心と身体と家族との関係性、教室の疎外感や世界の美しさを、失った記憶が蘇るように描きだします。 淡々とした言葉で、心の機微をそっとなぞるように綴られる、どこかにいるはずの、13歳の「わたし」の物語。 本の中の言葉を辿るうちに、気づくと13歳の私がそこにいます。 清潔で冷たく光るケースの中に佇む美しく繊細なケーキのように、保存されていたかつての自らの感情が、そのまま差し出されるような詩集です。 装画は塩川いづみさん。 小ぶりの上製本は透けるグラシン紙で包まれており、金に箔押しされた題字、蛍光レッドで縁取られたページなど、すみずみまで美しい一冊です。 詩|三角みづ紀 装画|塩川いづみ 装丁|鈴木千佳子 発行|ナナロク社 書影|ナナロク社