そのときみえるもの|お菓子丸 杉山早陽子
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

そのときみえるもの|お菓子丸 杉山早陽子

Last 3

1,980 JPY

About shipping cost

京都を拠点とし活動する『御菓子丸(おかしまる)』。 主宰の杉山早陽子さんの和菓子についてのエッセイ、25点を収めた本。 和菓子というのは、季節だけでなく、ある瞬間を閉じ込め、誰かに届けるための優れた装置なのだとわかります。 繊細な写真から、菓子に閉じ込められた風や光や匂い、口にした時の甘みや歯ざわりが、ありありと伝わってくるようです。 写真に添えられた短い文章もすっと心に届く、美しい作品集です。 著|杉山早陽子 発行|torch press 御菓子丸 杉山早陽子が京都を拠点にお菓子を制作。 食べたら無くなる当たり前のことに着眼し、鑑賞から食べるまでの行為を一つの体験として捉え、記憶に残る一瞬を菓子に込めて制作している。 https://www.okashimaru.com/